ラボグロウンダイヤモンドとは

  • 本物のダイヤモンド

    天然ダイヤモンドと全く同じ化学的特性を持つ、ラボで創り出された本物のダイヤモンドです。

    ラボグロウンダイヤモンドも4C(カラット・カット・カラー・クラリティ)といわれる品質評価基準で評価されます。

  • 希少な輝き

    現代のラボで制作することによって天然ダイヤモンドでは全体の2%しか存在しないと言われる、不純物(窒素)を含まない高品質なダイヤモンドを安定的に創ることができます。

    このため価格も天然に比べリーズナブルに手が届きます

  • 環境に優しい

    採掘を必要としないため地球に優しく、過酷な労働や紛争を生み出さないサスティナブルな選択肢として近年注目されています。

    欧米ではセレブリティも愛用し、ラボグロウンダイヤを婚約指輪に選ぶカップルが増えています。

1 / 3

ラボグロウンダイヤの品質基準

KYRAH ではベルギー・アントワープに本拠を構えるダイヤの国際鑑定機関IGIの鑑定を経て、一定の基準を超える高品質のラボグロウンダイヤモンドのみを取り扱っております。

KYRAH のすべての製品には中石に使用しているラボグロウンダイヤモンドの鑑定書をおつけします。

KYRAH と国内外のジュエリーブランドの比較表

<補足>

クラリティ:ダイヤモンドに内包物や傷が無いことの程度を表します。VSクラス以上のダイヤモンドは、10倍のルーペで拡大して見ても、内包物や瑕を発見するのが非常に困難です。

カラー:ダイヤモンドの地色を評価します。​KYRAH ではほぼ無色のDEFのみを取り扱っています。

カット:ダイヤモンドの煌めきや輝きに関係するプロポーション。4Cの中で最もダイヤの輝きに影響を与えます。KYRAH では最上級のグレードのみを取り扱っています。ラボグロウンダイヤの鑑定で定評があるIGIの最上級グレードはIDEAL となります。